南城市
Don't Miss

南風原[ はえばる。]の石彫魔除獅子[ せきちょうまよけしーし。]

By on 2015年9月30日

大里[ おおざと]地区にある南風原の石彫魔除獅子。
地域を魔物から守るシーサーですが、
ちょっとユーモラスな表情をしています。

正確な製作の年代は明らかになっていませんが、
かなり古い時代に設置されたものと言われています。

像の材質は琉球石灰岩で、高さは90センチ、
胴回りは130センチほどになります。
像は西を向いていますが、
風水ではその方角にすることで邪悪な物を退けるとされ、
旧暦の8月15日には集落で祈願が行われます。

沖縄では昔から魔よけとして獅子を置く習慣がありますが、
石彫魔除獅子は民俗学的にも貴重な資料とされていて
昭和58年[ 西暦1983年]には有形民俗文化財に指定されています。

南城市支局

About 南城市支局

コメントを残す