南城市
Don't Miss

百名[ ひゃくな]の焚字炉(ふんじろ)と石獅子

By on 2015年9月30日

19世紀の後半に、学校などの公的機関に置かれました。
文字を大切にした中国の風習が伝わったものですが、
その後は時代の経過とともに次第に、その数も減っていきました。
また、同じ玉城地区の中山[ ちゅうざん]・當山[ とうやま]などの集落内にも
可愛らしい石作りの獅子たちがところどころに見られます。
観光客などの目を引いています。

南城市支局

About 南城市支局

コメントを残す