南城市
Don't Miss

佐敷[ さしき]干潟

By on 2015年9月30日

沖縄島南部、東海岸中城[ なかぐすく]湾の湾奥部南端に位置する佐敷干潟は、広さ60から80ヘクタールの泥干­潟で、砂地やサンゴ礫の地帯が広がる変化に富んだ底質環境となっています。
この干潟には絶滅危惧種のトカゲハゼやシオマネキ類などの貴重種を始め、貝やゴカイな­どの底生生物など、様々な生き物が生息しており、遠いシベリアやオーストラリアから来­る渡り鳥の休息地ともなっているのです。
また干潟の奥にはマングローブ林も広がり、それぞれ異なった環境に貴重な動植物が生息­するこの佐敷干潟は、沖縄の自然の宝庫だといえる場所なのです。

南城市支局

About 南城市支局

コメントを残す